外資系企業の職種

ひと口に外資系企業といっても、色んな職種の会社が存在します。ここでは、その中でも特に人気が高い職種を選んでご紹介していきます。まだ、どういった職種の企業で働くか決めていない人は、この記事を参考にしてみてくださいね。

外資系金融はどんな企業なの?

転職先として人気の外資系金融機関ですが、その実態についてはあまりよく知られていないのではないでしょうか。ひとくちに外資系金融といってもその業種には様々なものがあります。もっとも一般のイメージに近い…

Read more »

外資系コンサルティングファームはどんな魅力のある企業?

グローバルな領域で、海外との仕事に関わりたい。英語を使った仕事をしたい。外資系コンサルティングファームは、それらを実現できる仕事です。コンサルタントの仕事は、いくつかのカテゴリーに分けられますが、…

Read more »

外資系IT企業はなぜ人気があるの?

最新の技術に触れることが可能な世界

外資系IT企業は転職先として大変人気があります。人気の理由の中には最新のテクノロジーがどんどん開発されていく背景があります。その殆どが技術的にも数年先を行く、多くの米国系の企業で生み出されている傾向があるからです。外資系IT企業への転職は世界最先端の技術に触れられるチャンスもあるかも知れません。また報酬が高いことも魅力です。これはITが社会にとって切り離せない程浸透しているからです。そのため必要な人材はいつでも募集していて、特に外資系IT企業は結果次第で高額な報酬を提示する所もあります。その中でもセールス系の職種への転職は高給を狙える職種だと言えます。スキルアップが望めてインセンティブの割合も高い企業でチャレンジしたいと考える人が増えています。

転職のためのポイント

外資系IT企業への転職は様々な条件があります。応募の目安として外資ベンダーは40歳位、WEB系とITコンサルは35歳位と言われています。その理由は業界で働く人が、若い世代が多くハードワークになりがちだからです。動きが早い業界のため能力の習得速度も関係します。またプロジェクトの期限が設定されているので期限内に質の高い内容で答えなければいけません。そして転職に関しては今までの職務経歴も重要なポイントになります。システムエンジニア採用で見られるものは、プロジェクト概要と規模や役職と開発フェーズ他には業務知識などです。セールス職採用で見られるものは従事していた営業スタイルが、直接営業または間接営業なのかや新規営業なのか既存営業なのかも聞かれます。

外資系転職の利点とは

外資系企業は、外国の資本主導のもとで経営している企業のことを差します。日本企業から外資系の企業に転職する際は、仕事のスタイルや働き方も異なるため、心配な面もあるかも知れません。ここでは、外資系転職の利点についてお伝えします。

外国の文化や習慣に触れて刺激になる

外資系企業で働くと、多くの外国人と話すことになります。本社がアメリカであればアメリカ人が多くなりますし、ブラジルであればブラジル人が多くなるはずです。それ以外にも色々な国の人が働いているので、不思…

Read more »

成果報酬により給与・年収が上昇

日本企業の報酬体系は伝統的に年功序列制が採用されているケースが多いと言われていますが、外資系企業においては、そのような報酬体系が採られていることはむしろ稀であり、多くの場合は成果報酬制度が導入され…

Read more »

待遇面が良い!労働時間と休暇制度について

外資系企業の労働時間は、各企業の経営方針や業種などにもよりますが、一般的な日本企業とは異なりフレックスタイム制を導入しているところが多くあります。特に、技術系の専門職の能力が高い社員は、勤務時間を…

Read more »

>

経理の転職は経験値がものを言う