待遇面が良い!労働時間と休暇制度について

能力が高い社員は勤務時間を柔軟に選択できる企業も多い

外資系企業の労働時間は、各企業の経営方針や業種などにもよりますが、一般的な日本企業とは異なりフレックスタイム制を導入しているところが多くあります。特に、技術系の専門職の能力が高い社員は、勤務時間を柔軟に選択しやすく、仕事を速やかに済ませた後に、プライベートや育児のために時間を費やすこともできます。そうした中、外資系企業に転職をしてからフレキシブルな働き方をしたい人は、在職時から将来に役立つ資格や免許の取得に励んだり、求職サイトを使って働きがいがある企業を探したりすることが大切です。なお、営業職や企画職などは、繁忙期に残業を任されたり、徹夜で仕事をしたりする必要があるケースもあるため、就職活動中に志望企業の気になる職種の働き方について調べておくことが肝心です。

女性の正社員の数が多い企業は長期休暇が取りやすい

外資系企業は、日本企業と比較すると福利厚生が手薄なところが目立ちますが、女性の正社員の数が多い企業を中心に、長期の育児休暇を取りやすくしているところも増えています。そこで、仕事ばかりでなく家庭生活も充実させたい人は、人気の高い外資系企業の過去数年間の長期休暇の取得率や、一年間に取得可能な休日の日数について、採用試験に応募をする前に把握しておくと良いでしょう。また、休暇が取得できる条件については、それぞれの企業の方針によって違いがあるため、時間を掛けて待遇が良いところを見極めましょう。その他、育児休暇の後に速やかに職場復帰をするには、様々な形で社員のサポートが行われている外資系企業を選ぶことが重要です。